住宅の高断熱化による健康への影響について

弊社では長年住宅の高断熱化について研鑽を重ねてきました。

国土交通省はこのほど、その断熱性能があたえる身体への

影響についての中間発表を行いました。

この調査は断熱改修などによる生活空間の温熱環境の

改善が居住者の健康にどのような影響を与えるかについて、

改修前後の健康調査等を用いて、医学・建築環境工学の観点から

検証されたものです。

この中間結果には様々なデータが掲載されておりますが、

ここでは割愛させていただきますが、

結論から申し上げると、

1・室温が年間を通じて安定している住宅では、居住者の血圧の
  季節差が顕著に小さい。

2・室温が低い家では、コレストロール値が基準範囲を超える人、
  心電図の異常所見がある人が有意に多い。

3・断熱改修に伴う室温上昇によって暖房習慣が変化した
住宅では、
住宅内身体活動時間が有意に多い。

と温かく快適な住宅に日々暮らしていると様々な恩恵が

受けられるであろうという結果となりました。

弊社では今後も温かく快適な住宅づくりをこれからも

推進して行きます。

謹賀新年

皆様、新年あけましておめでとうございます。

本日1月7日より仕事初めとなります。

今年は消費税増税を控え、

住宅ローン控除の3年間延長や、

次世代住宅ポイント制度の創設等、様々な

トピックスが住宅業界でも動き出しています。

今年も「お客様の為の家造り」を念頭に、

社員一同頑張って行きます。

2019年も何卒宜しくお願い致します。

 

 

新住協関東支部研修会

先日の事ですが、大宮にて開催された新住協関東今年最後

の研修会に参加し、学んで来ました。今回は約3年ぶり?

となる鎌田室蘭大学名誉教授の基調講演。

テーマは『100年後にも通用するエコハウスを考える』

会発足当初から皆で学んできた、

[何が本当に正しい省エネ住宅か]

を国の省エネ施策を痛烈に批判しながらも、

断熱工法や最新の換気システムデータ、

方位による開口部の最適化等の話しを織り交ぜながら、

あっという間の3時間半。また今後の家造りの参考に

していきたいです。

 

耐震診断システム研修会

先日、木造住宅の耐震診断・耐震補強診断の

計算ソフトのシステム研修会に参加しに、

東京都文京区へと行って来ました。

弊社にて取り組んでいる築古物件の耐震改修リノベーション

の為に昨年購入したソフトなのですが、

ここで再度計算スキルを高めておかなければと思い、

今回参加して来ました。13:30~17:30までの4時間、

とても充実感のある研修となりました。

また今後の仕事に活かして行きたいと思います。

上州「恵の会」研修会

9月12日(水)、弊社が所属します地域型住宅グリーン化事業
上州「恵の会」の研修会に参加して来ました。

今回は現場研修会という事で、㈱アライさんのご好意により
高崎市内にて建築中の現場へ伺って来ました。

こちらが外観

天井HGW16K300mm
壁HGW16 K120mmに付加断熱105mm
基礎は外張りGW40K100mm&内側100mm

 

外皮(UA値)は0.40W/㎡kと北海道のZEH基準相当の性能です。

ベテランの大工さんが施工中で断熱・気密の知識&技術も
非常に素晴らしく、完成後のお客様の笑顔が今から想像できる
素敵な現場を見学させていただきました。

また、今週19日(水)には大宮にて新住協会員さんの現場見学会&
研修会が開催されますので、そこで更なる学びを深めて行きたいと思います。

 

新住協関東支部総会

20日水曜日の事となりますが、大宮JA共済ビルにて開催

されました新住協関東支部総会に行って参りました。

今回の議題ですが、

・2020年からの高断熱化時代をどう生きるか
・Q1住宅のランク別住まい手の感想
・カッコいいQ1住宅の内外観デザイン
・温熱ソフトで見たQ1住宅

と言った内容で総会が進んで行きました。

今回特に興味深かったのが、夢・建築工房さんの発表です。

Q1住宅をQ値性能毎にランクA~Dとし、

それぞれのお客様宅へ訪れたスタッフの感想を交え、

外皮性能が変わるとどのような生活

(ライフスタイルを含めた)の変化が現れるか、

を分かりやす形でまとめていただきました。

また、新住協事務局の会沢さんからは、一般のユーザーが

どの様な形でQ1住宅にたどり着いているか、等のお話があり

研究熱心な方からたまたま手に取った本から

Q1住宅にたどり着いた方まで、様々な

お客様がいらっしゃり、とても参考になりました。

その他の発表もとても興味深いお話でしたが、

感じたこととして、私たち新住協会員がなすべき事はひとつ、

「この家にしてよかった!」とお客様に思っていただける

家造りをこの先も続けることです。

これからも社内一丸となって、高性能で快適な家造りに

励んで行きたいと思います。

インドネシア視察

5月12日から16日までの5日間、

パーティクルボード工場と木質建材生産工場への視察に

インドネシアへ行って来ました。

前橋市を朝5時に出発し、滞在場所のジョグジャカルタに

着いたのが現地時間22時30分!

翌日から同行した仲間達各々が世界遺産

(プランバナン寺院やボロブドゥール遺跡等)や町散策に。

そして木建工場や植樹ビジネス等の視察へ。

ここインドネシアにはまだまだビジネスへの

限りない可能性があります。

今回ジョグジャカルタ〜スマラン移動中にも

インドネシア国内で自爆テロが2回あり、空港では

厳重な警備がしかれていました、

が地元の皆さんは笑顔が素敵な方ばかりでした。

 

黄綬褒章受賞!

 弊社にて左官工事をお願いしています
中沢左官さんですが、一昨年『現代の名工』
に選ばれました。が、なんと今回は高い技術を
持つ人に国より送られる『黄綬褒章』に選ばれました!
写真は今朝の読売新聞。
嬉しくて朝一で中沢さんにお電話をしてしまいました。
来月15日には天皇陛下がいらっしゃる皇居に
招かれているとの事。お身体に気をつけて、
まだまだこれからも頑張っていただきたいです
^ ^

 

「恵の会」現場研修会

先日、弊社が会員となっています地域型住宅グリーン
化事業採択
グループ「上州恵の会」の会員さん施工物件にて、
構造現場での研修会へ行って来ました。

場所は渋川市吹矢。
こちらが外観。

延床面積23坪の平屋建てです。

断熱構成ですが床が高性能グラスウール(GW)105mm+42mm。
壁は4寸柱間に高性能GW120mm+付加断熱42mm。
天井が吹き込みGW400mmとなっています。

こちらの仕様で外皮平均熱貫流率は0,43W/m2/k。

太陽光は搭載されていませんがゼロエネ相当の高性能住宅です。

会のメンバー達と各所納まり等について意見を交換し、
研修会を終えました。
学ぶところの多い見学会となりました。

 

 

ラジオ出演情報

FMぐんまさんのビジネス情報バラエティ
Busi-Neta!(ビジネタ!)という番組で
弊社グループ会社ブランド「ココリノベ」

のインタビューをしていただきました。
インタビュアーは吉本興業の
お笑いコンビ「アンカンミンカン」の川島さん。
芸人さんならではのアドリブ満載のインタビュー
には苦戦しましたが、、、。
放送は明日24日の11:30との事です。